最新オススメFX情報商材は
コチラです!

2008年10月16日

松藤民輔さんの「わが友、恐慌」

むちゃくちゃな相場になっていますね。こんなの初めて見ました。FX業者のスプレッドも不安定で、今のところ前の記事でご紹介したFX情報商材のスキャルを実践するにはいたってません。相場が落ち着くのは来月以降ですかね。。。余談ですが、自分の場合、株の値動きはODLのMetatraderでWS30やNKを見ています。

FX情報商材では、他にも二つほど新しいやつをチェック中なのですが、今日はとりあえず、最近読んだ書籍をご紹介しましょう。
↓↓↓

わが友、恐慌

ザ・エコノミストが「この10年で最も注目している日本人」と評した松藤民輔さんの著書ですね。まさに恐慌突入とも言える現状において、とても興味深く読める本でした。やっぱり本は良いですね。FX情報商材と違って、はるかに自分より頭の良い人の知識や発想に触れることができます。もちろんFX情報商材にも良いものはありますが、このレベルの内容に出会えることはまずありません。

まあ、具体的な投資法が紹介されているわけではないので、その点ではFX情報商材と主旨が異なりますが、この書籍が相場の大局をとらえる役に立つのは間違いないでしょう。ちなみに松藤民輔さんは、過去モデルを重視していて、金ブルです。ご本人が金鉱山を持っているほどの金ブル!あとは、日本ブル、中国ベアですね

松藤民輔さんは有料のサイトも運営してまして、これも読んでみているのですが、実におもしろいです。月初課金なので、今から読むのはお得じゃないですけど、株価と為替が連動している今だからこそ面白いとも言えます。

FX情報商材で即効性を求めるのもよいですが、大荒れのときは静観しながら、識者の意見に耳を傾けるのも一案だと思います。

FX情報商材レビュー!HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FX情報商材レビュー!HOMEへ ★これ以前の記事は、トップページ左サイドバーの「新着記事」または右サイドバーの「FX 情報商材」メニューからお選びください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。