最新オススメFX情報商材は
コチラです!

2012年05月26日

BINARY GALAXYの感想

今日は、5/23から週末までのFX情報商材フォワードテスト結果をお届けします。

まずは、2/8から検証中の、バイナリーオプションのFX情報商材「BINARY GALAXY」ですが5月23日水曜日は、21:54プット負/22:54プット負/23:54コール負/24:54プット負/25:54プット負/26:54コール勝の1勝5敗。前日の連敗から数えると、なんと7連敗もしやがって(失礼)驚きました。取引回数が多いのは、「そんなに連敗はしないだろう」というマーチンゲール的発想からだったのですが、完全に裏目に出ましたね。5月24日木曜日は、22:54コール負/23:54コール負の2敗。5月25日金曜日は、21:54コール負/22:54コール勝の1勝1敗。この三日トータルでは、2勝8敗のマイナス32000円。これで通算成績は、82勝80敗5分のマイナス87000円です。

ん〜、そろそろ結論を出しちゃいましょうか。いつでも出ているのが売りのBINARY GALAXYのサインに従って、機械的に売買しても、うまくいかないと個人的には思います。取引回数が増えるに従って、勝率が50%近くに収束してきたということは、サイン自体に、この期間では優位性があまり無かったという気がします。このFX情報商材をお使いの方は、自己流のフィルター導入を検討したほうがよいでしょう。たとえば、21時間移動平均が上向きのときは、プットを買わないとか、そういう簡単なものから試していってもいいと思います。ということで、BINARY GALAXYの3カ月以上にわたる検証は、これにて終了とさせていただきます。

この結果で分かるとおり、一時は好調に見えるFX情報商材でも、取引回数が増えると、大数の法則に従って、勝率50%に収束してきたりします。なので、短期の好不調だけで、FX情報商材の良し悪しを簡単に判断するのは禁物ですね。逆に、出足いきなりドローダウンでボロボロだったのに、取引回数が増えるごとに、実力を発揮し出すFX情報商材もあります。あまり優位性の無いものを買ってしまった場合は、取引手法研究の材料として有効活用するのがベストでしょう。

3/1からフォワードテスト中の自動売買FX情報商材「Multi Logic Interaction FX System-MLI」は、1勝5敗で-417ドル。通算は33勝46敗-557.68ドルになっています。現在保有の2ポジションでは含み益が25ドルです。こちらもドローダウンに直面していますが、まだ取引回数が少ないので継続検証としましょう。

人気ブログランキングに参加しております。
クリック応援いただけると嬉しいです!
↓↓↓
FX情報商材レビュー!HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FX情報商材レビュー!HOMEへ ★これ以前の記事は、トップページ左サイドバーの「新着記事」または右サイドバーの「FX 情報商材」メニューからお選びください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。